美容皮膚科で肝班治療

年を重ねると、肌の悩みは付いてきます。特にしみは気になりますよね。しみだと思っていても、実は肝班だったということもあります。これはしみより厄介なので、気になる方は治療をお勧めします。

30代から40代の女性にできやすい薄茶色味を帯びたしみのことを肝班と呼びます。肝班の特徴としては顔の部分に左右対称に出てきたりします。美容皮膚科などで肝班を診断されたとき、処方された内服薬や外用薬で治療していく方法があります。内服薬で処方されるトラネキサム酸には色素沈着を抑えることができるため、肝班に効き目があります。外用薬には美白外用剤があり、内服薬と併合して使う場合もあります。

また薬だけでなく、肝班治療として最近注目を集めているのがレーザー治療です。これも美容皮膚科で受けることのできる治療です。肝班に弱い力でレーザーを照射し、しみの原因となっているメラニンを徐々に破壊していきます。肝班は刺激を受けると悪化してしまいますが、肝班にはダメージを与えずメラニンを減らすことができるため、安全に肝班治療を受けることが出来ます。またコラーゲン生産も促進するので、肌にハリが出たり、毛穴やしわの改善にも効果があります。加えてリフトアップも期待されます。レーザーを照射されている時もあまり痛みは感じられません。

美容皮膚科で美容点滴をうける治療法もあります。しみや肝班に効く注射をすれば、美白効果があり、メラニンの生成を抑制する働きがあります。