肝班治療とあわせて

肝班治療をするにあたって、心がけておきたいポイントがあります。それは紫外線対策。肝班が悪化する原因や、直しても再発する原因として考えられているのが紫外線なのです。紫外線が直接肝班を作り出すわけではありません。しかし肝班の症状は、短時間にたくさんの紫外線を浴びたり、少量の紫外線を長い時間浴びていたりすることで悪化します。治療中の肝班やせっかく治った肝班をこんなことでまた増やしてしまうのは勿体無いですよね。とくに肌の色が白い人ほどシミはできやすくなります。夏はなおさらUVケアや日焼け対策などを徹底したほうがよいでしょう。

肝班は再発が多いです。また治療には長い時間が掛かります。肝班を自分で何とかしようとしても改善はあまり期待できないでしょう。本気で治療を望む場合は、やはり気になった時点で美容皮膚科に相談するのが一番だと思います。また美容皮膚科で治療を行ってもらう際には、化粧は落としていったほうがいいでしょう。化粧をしていると、肌の色彩がわかりにくいため正確に肝班を診断するのが困難になります。また、肝班治療以外でも何か他の治療を受けている方なら、その治療で服用している薬も忘れずに持っていってください。肝班治療を行ううえで、薬や治療の情報も必要になってきます。